第153話ネタバレあり感想:バリカンを手に持ち髪が無い藤原書記!?(床には飛び散る髪)【かぐや様は告らせたい~天才達の恋愛頭脳戦~】17巻収録分

第153話となる今回はバリカンを手に持ち髪が無い藤原書記(床には飛び散る髪)と会長が目を合わせて、お互いが愕然とした表情をするページからスタート!

先週のラストの各々の意気込みの中から誰の話が動くのか……!?

電子書籍でかぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 最新巻を立ち読み

Amazonで買えるオーディオブック(音声電子書籍)Audibleとは?メリット・デメリットや1冊無料体験期間のお得情報まで詳しくご紹介!
「忙しい合間になんとか読書がしたい…!!」「活字は苦手だけど本の知識が欲しい!読書したい!」「暇な時間や隙間時間を有効活用したい!!」「子供に気軽に名著に触れてほしい…。」「声優や芸能人の声で読書してみたい!」そんなあなたに、耳で...
スポンサーリンク

第152話(前回の話)を少しふりかえり!

前回のお話は1つの話につき、1ページ・2ページの短編集でしたね!短編集という割にはだいぶ濃い内容が詰まっていたように感じます!

それぞれの目標(主に石上優は告らせたい)について

152話で一番衝撃的だったのはやはり石上くんの「つばめ先輩に告らせる」という発言ですね!

初期の頃に言ってたら「受身過ぎ…」という感じで読者一同ドン引きだっただろうけど、石上くんがいろんなことを乗り越えてきた今言うからこそ皆応援したくなるわけで……。

先生はヒーローを育てる力が強いなと思いました!ちゃんと育ってからこその本作の裏主人公(公称)始動。

会長の「付き合ったことみんなに言うべきか…?」という悩みも、何も発さないミコちゃんも気になりますが、かぐや様のキス魔化…。

文化祭回で頭が良いから教え込めば夜もすごいとか某占いの人が言ってたそれを思い出しました…。あれ、これは薄い本が更に厚くなる展開というやつでは…。

藤原書記のダイエットについてはいつも通りだと思いますのでノーコメントです!

それでは、あまりにも今後の展開が気になって仕方ない153話のネタバレ感想に入ります!

『かぐや様は告らせたい』第153話ネタバレあり感想

藤原千花は驚かせたい

バリカンを手に持ち髪が無い藤原書記(床には飛び散る髪)と会長が目を合わせてお互いが愕然とした表情をするページからスタート!

しかし次のページでは「ドッキリ大成功~!!」とニコニコしながらカツラを取る藤原書記。

……そんなことだろうとは思った!

「なんでまたこんなドッキリを……?」と聞く会長に「決まってるじゃないですか!かぐやさんの誕生日サプライズですよ!」と返す藤原書記。

……???いやいやいやいや……わからない……。藤原書記の発想は凡人には理解できない……。

ここで先生による『誕生日サプライズ』とは何かという解説が入りますが、最後の一文の『しかしドッキリの趣向次第では逆に嫌がらせになりかねず仕掛け人のセンスが問われる!』という文章に答えは出ている気がします……。逆に嫌がらせ……。仕掛け人のセンス……。

そんな藤原書記に「それでハゲヅラってどうなんだ?」と冷静に返す会長。

藤原書記もそれに関しては思うところがあるらしく、本当は代案も考えたい模様。

「四宮の誕生日ってもうタイミング逃してないか?」と更に冷静に返す会長に「こういうのは気持ちが大切なんです!こういうところでちゃんとしないと私の誕生日を祝ってくれないかもしれないじゃないですか」と意気揚々から真顔で言う藤原書記。

私欲の塊すぎる……。気持ちとは……?

まあお祝い事だし……と藤原書記のドッキリに協力することにした会長。

いろいろ案を考えるも「かぐやさんの慌てふためく姿見たくないですか?」と明るい顔で言う藤原書記。

誕生日のお祝いのサプライズじゃなくて、「藤原書記の誕生日を後々ちゃんと祝ってもらう」ための「藤原書記の興味関心(かぐやさんが驚く姿が見たい)」のためのドッキリになってきてるじゃん……。藤原書記私欲の塊……。

なので『喧嘩してギスギスするフリドッキリ』を考えますが、会長は「誰も幸せにならないし見ててつらい」からそういうのが苦手と発言。

すると「逆に私たちが冬休みの間に付き合い始めたって言う設定でいちゃつき始めるというドッキリ」を提案する藤原書記。

会長とかぐや様は先週の回(冬休みの間に)つきあいはじめたばっかりなのにタイミングが悪すぎる……!!

さすがにそれは回避しようとするも「四宮の家柄的に付き合い始めたことは言わないべきか」「生徒会メンバーにくらいは話した方が……」と悩む会長。

悩んでいるとドアが開きかけ、会長は藤原書記に「ほらほら!」とひっつかれてピンチ!?

石上くんとミコちゃんへのドッキリ

開かれたドアの先にいたのは石上。

ハゲヅラの藤原書記が会長にひっつく状況を見て「……なんすかこれ?」と冷静に返す石上。

「えっとね、私と会長……付き合うことになったの。」と照れながら言う藤原書記。

その出で立ちで照れても全く可愛くない!!

「そんなハゲヅラ女と付き合う男がいてたまるか。」「ドッキリを仕掛けるなら交際かハゲヅラのどっちかにして下さい。」「登録者1000人のYouTuberでももうちょいまともにできますよ?」と弾丸のように叫説していく石上。

更に「そんなんじゃ四宮先輩は騙せませんよ?」と締める。

すごい……!!さすが藤原書記のプロ!!何も言ってないのにここまで読めるなんて!!

そんな石上に「じゃあ私と石上くんが付き合ってるって設定でいきましょう。」と藤原書記。

そんなタイミングでまたドアが開きます。

来たのはミコちゃん。

「ねえねえ、ミコちゃん。石上くんに彼女ができたの知ってる?」とニコニコする藤原書記。

「……相手は誰ですか?」と返すミコ。(この時はまだ一応余裕がありそうだった。)

「そ・れ・は~~私です!!」と石上にひっつく藤原書記。(石上無表情。もはや蔑んでる。)

そんな二人にミコは「相手がつばめ先輩だっていうなら私も応援してあげようって気になるよ。」「でもこれは本当に無理。普通に幻滅した。」「もう世話とかいいから私に話しかけないで。」と完全に闇落ちしたかのような無の表情で返すミコ。

「コレドッキリだから!!」と藤原書記が言うと「なーんだ!!びっくりしましたー!!」とコメディタッチの線になって、パアアとなってニコニコするミコ。「だと思った~」とニコニコするミコちゃん。

これは本当にマズいやつだ……ここの三角関係本当にどうなるんだ……。

ミコちゃんに案を考えさせると、「ミスをした私を会長がビンタする」という案を出すミコ。「無し!無し!」と会長が否定する中、かぐや様以外のフルメンバーが揃った生徒会室の扉が開きます。

ついにかぐや様へのドッキリ……!?

入ってきたのはかぐや様。

即座に藤原書記は「会長に冬休みの間に彼女ができたの知ってます?」と聞きます。

焦る会長。

「……あら。」とポカンとするかぐや様。

「誰だか知ってます~?」とイタズラっぽく言う藤原書記に「もちろん知ってますよ。」と返すかぐや様。驚く藤原書記。

次のページでは「私がこの人の彼女です。」「私と会長は冬休みからお付き合いしています。」と会長にくっつくかぐや様。

照れ驚きの表情の会長もいいのですが、個人的にはここのかぐや様の表情がたまらないです!!好き!!

「四宮……言ってよかったのか……?」と聞く会長に「しぃ」と返すかぐや様。

驚く生徒会一同。

そんな一同にかぐや様はにっこり笑って、先ほど会長が持たされていた「ドッキリ大成功」の札を見せます。

「最初から見えていましたよ。こういうのは隠さないと……。」というかぐや様に藤原書記とミコちゃんは「なーんだ!」となります。

「俺まで驚いたぞ」と言う会長に、自分たちの関係はまだ秘密にすべきだとつげたあと「少しだけみんなに自慢したかったんですもの」ととってもとってもとってもお可愛い表情で言うかぐや様なのでした!

本日の勝敗:かぐやの勝利

153話(アプリ:163話)感想総括

……というわけで、先週のお話の意気込みが達成されたのは会長でした!

しかし先週があまりにも詰まりに詰まってたのでどんな展開が来るかと思ったらこんなコメディ回が来るとは……。

「私がこの人の彼女です。」と言っているところのかぐや様の表情もとってもお可愛かったのですが、最後のページのかぐや様の表情は……!!

とってもとってもとってもとってもとってもお可愛かった……!!初期のかぐや様からは考えられないような花がほころぶような素晴らしい微笑みでした……!!

本日の勝敗久々に見たけどこれはかぐや様の完全勝利……!!

やっぱり先生は突然どんな話を持ってくるか読めませんね!来週も楽しみです!!

タイトルとURLをコピーしました