【自習・作業にも最適!】『初めて』のヒトカラのススメ!実際の流れをレポート!【カラオケ館】

体験談・実経験

『夏休み料金終わったしカラオケ行きたい…作業ヒトカラしよう!!』という思いつきで、先日『カラオケ館』のJOYSOUNDにて『10時間のフリータイムで』作業ヒトカラしてきました!

ヒトカラに初めて行く方は「一人カラオケって行くの恥ずかしくて勇気がない…」思うこともあるかもしれません。

ですが今時は『ヒトカラ専用ルーム』などもあるくらいなので一人カラオケなんて普通のことですし、みんなやってるので『店員さんも慣れて』います。なので恥ずかしいと思うことはありませんよ!

私は歌うことが好きなので、今回行ってきた『カラ館』でも『カラオケの鉄人』でも『カラオケまねきねこ』でも『JOYSOUND直営店』のカラオケでも『ローカル店舗』のカラオケでも…いろいろとヒトカラしてきたことがありますが、特に問題はありませんでした!!

ここまで言えばもう分かってしまうかもしれませんが、私は『一人カラオケ』がわりと『大好き』です!

人に気を使うことなく自由に歌いたい放題ストレス発散になるし、人と行くときのための練習もできますし!!

私は高校生の時くらいから定期的に結構行っているので、学生の方も深く考えることはないかと!

それではこのあとは、『カラオケ館でのヒトカラの基本の流れ』と『作業カラオケのススメ』をお届けします!

これを読めば初めての方でもなんとなく雰囲気が掴めますよ!!今回は『カラオケ館』ですが、大体のお店もそこまで流れは違わないので他の店舗に行く方も是非ご参考にどうぞ!

スポンサーリンク

一人カラオケの実際の流れ

2019年9月某日お休みを取っていたので、近所のカラオケ館へ。

・まずはレジに並ぶと「名前と年齢と人数を書いて下さい」とのことなので『名字カタカナ、年齢、1』と書いて呼ばれるのを待ちます

・先ほど書いた名前を呼ばれたらレジで『スマホアプリの会員証』を確認してもらいます。(分からなければ店員さんが教えてくれます!簡単です!!)

※他のお店でもカラオケの会員証系は持っていなければ可能であれば作ってしまいましょう。料金がだいぶ違ったりします

学生料金や学生優待などがあるので、学生の方はここで『学生証』を提示しておきましょう。(中学生・高校生・大学生・短大生・専門学校生…などが該当)

・次はカラオケ機械の『機種』を選択します。

※『JOYSOUND』と『DAM』のどちらを選ぶべきかと言うと、普通の人が気にする違いといえば『入っている曲』とか『本人映像』『アニメカラオケ映像』がどれだけ入っているかなどだと思うので、『自分の好きなアーティストや曲』が入っていること事前に公式サイトで確認しておくといいと思います!

近所のカラオケ館ではなんと『平日』は『フリータイム』が『時間:10時間』『フリードリンク付き』『値段:1,000円以内(900円強)』で入れました!!

しかもそのお店では『フリータイム』に『一人料金』が付加されることがなく、通常のフリータイム料金で入ってこられましたよ!

・レジでフリードリンクの1杯目を注文。(私は「ノンアルコールカクテル:アップルマンゴー」を選びました。甘党の方にオススメです!)

部屋番号の書かれた表をもらってその部屋番号の個室に入室。

今回は普通の少人数用の個室でしたが、たまにめちゃくちゃ広い部屋に通されることもあったりします!

・部屋に入ったらマイク音量やミュージック音量を調節して、部屋にある液晶機械で好きな曲を入れて歌いましょう

・そこからは時間がくるまで普通にめいっぱい歌って、時間の5分前くらいになったら(時間は受付でもらった紙に大体書いてあります)レジに行って、最初にもらった票を提出してお会計といった流れになります。

それでは次の項目では、カラオケ館での一人カラオケのオススメポイントを紹介していきましょう。

『ヒトカラ』や『作業・勉強カラオケ』をカラオケ館でするオススメポイント!

メリット

・ちょうどいいサイズの個室で集中できる
・コンセントがある(スマホの充電がてきるしPCの電源にもなる)
・Wi-Fi完備(今回の場合は『カラオケ館のWi-Fi』と『JOYSOUNDのWi-Fi』)
・室温調整自由
・お手洗いがある
・歌わなくてもBGMとして曲やDVDをかけられる
・飲み物や食べものが豊富
(私が行ったお店はフリータイムとフリードリンクはセットでした!)


作業・勉強カラオケの誘惑への不安

私は作業カラオケをしてきたのですが、「カラオケに行ったら『作業・勉強』より『歌っちゃいそう…。』」でも「カラオケに行くのに『歌わないなんてもったいない…。』」と思う方もいると思います!

私も『スマホを見る』にも『ノートを取る』にも『マイクが邪魔』だし、どうしたものか…。と思っていましたが解決しました!

なんと歌いながらノートをとって、スマホのリズムゲームをオートでかけるという荒技ができる方法があるんです!

自習・作業カラオケの誘惑対策

自習・作業カラオケの誘惑対策…その方法は『卓上スタンドマイク』を使うこと!!

卓上マイクスタンド実際に使ってみた使い勝手としては『お風呂でふと歌ってしまう時』のような、『車でふいに歌ってしまう時』のような、とにかく『自然に歌っている感じ』でカラオケができるんです!!

私の歌い慣れも少しはあると思いますが、あまりに自然に歌えていたおかげか『10時間のヒトカラ』だったのに私の喉は無事でした!!

卓上マイク使用の作業カラオケの方法は簡単。例えば『ノート取り』なら、マイクの上に顔を位置させ、目線はノートに向けてノートをとりながら歌うだけ!!

それでもこんなにちゃんと音声認識します!

以前マイクを鞄に入れて中の荷物で立たせてみようとしたことがあり、その時は空気の関係か音が入らなかったのですが、卓上マイクスタンドを使えばマイクを手に持たずともちゃんと音声認識してくれますし、両手が空くので気軽になんでもできますよ!!

できることの例

・PCで文章を打ちながらカラオケ
・スマホでポチポチ作業ゲーをやりながらカラオケ…など!!

ちなみに学生さんに一番オススメな作業カラオケでの勉強方法『卓上マイク』を使いながら歌いつつ『学習系アプリ』で勉強!!です!

学習系アプリでの勉強なら歌ってる途中で、歌詞が抜けて顔をあげて確認してもすぐ勉強を再開できますし、Wi-Fi・コンセントもあるからスマホ学習にもぴったりですね!!

10時間におけるヒトカラ(&作業カラオケ)の感想

今回も読んで下さってありがとうございました!

私の10時間の作業ヒトカラの収穫としては、個室で集中できた上に『息抜きをしながら』作業ができたので、作業はすごく捗りすっかりストレスも抜けました!楽しかったー!!

みなさんも是非、『ヒトカラの魅力』気軽に体感してみて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました