【簡単効率化】PC作業を少しでも速くするための必須知識『ショートカットキー』!知るか知らないかで雲泥の差!!

PC関係

『仕事』を『勉強』を『作業』を『少しでも速く』進めたい…!なんとか『効率良く』したい!!そう思う方は多いと思います。

パソコンを使った作業を少しでも速くする方法は簡単です。『ショートカットキー』を覚えましょう!

現役でPCを使う仕事をしている人間としては、『簡単な1つの動作』でも知っているのと知らないのでは雲泥の差だと感じています!

パソコンが苦手だから『仕事が遅くて』周りに迷惑をかけてしまったり、残業になりご自身が困っていたりなどで今悩んでいる方。

これからの就職先・転職先のために『ちょっとでもスピードアップ』して活躍したい方。

…などなどとにかく『パソコン』を使った作業をする全ての人が『知って得する』ショートカットキーをご紹介します!!

暗記が苦手…という方でも大丈夫です!大体のものは『キーを2つか3つ』同時押しするだけですし、ほんの1つでも覚えられれば絶対に得しますよ♪

リンク:【転職活動体験談】職歴、学歴、経歴が薄くても大丈夫?転職エージェント『ハタラクティブ』に実際に行ってきた時の話【全サービス無料】

スポンサーリンク

『CTRL(コントロール)キー』+『』を使った基本のショートカットキー(初級)

まずは誰でも絶対に使うと思われる一番基本なコマンドをご紹介!

基本的には『CTRL』と書かれたキーてある『コントロールキー』を使うキーを主として紹介します!!

『コピー』『切り取り』『貼り付け(ペースト)』

CTRL+C…選択した範囲をコピー
CTRL+X…選択範囲を切り取り
CTRL+V…(コピー・切り取りした範囲を)貼り付け

パソコンを使ったデスクワークをするならとりあえずこの3つは基本中の基本です!絶対に覚えておきましょう。

それではまだまだ便利なショートカットキーをご紹介していきますよ!

『1つ戻る』『やりなおし』

CTRL+Z…作業を1つ戻す(1つ前に戻る)
CTRL+Y…↑で戻した作業をやり直す

この辺りも基本コマンドでよく使います!

WordやExcel、データ作製に頻出のショートカットキー(初級・中級・上級)

続いては、WordやExcelを使う方・データ作製をする方に特にオススメのショートカットキーのご紹介です!

もちろんデータ作製時以外でも使えることは多いので、できるだけ覚えて仕事以外に日常生活も効率化しちゃいましょう!

『印刷ページを開く』『上書き保存』

CTRL+P印刷ページを開く
CTRL+S上書き保存(保存されてないものなら『名前をつけて保存』になる)

『全選択』『太字変換』『カナ変換』

CTRL+A全選択(コピーとかをするときに便利)
CTRL+B太字に変換※使用可のアプリは限られる(Word・Excelなどは可)
文字選択+F7全角カナに変換
文字選択+F8半角カナに変換

『検索』『置換』『新しいセッション』

CTRL+F文字検索メニューを開く
CTRL+H文字の置き換え(※アプリケーションによって『CTRL+R』の時もある)
CTRL+N新しいセッション(ページ)を開く(メモ帳・Excel・Wordなどで使用すると便利)

私は今まで『ショートカットキー』に対する知識はそこそこあったのですが、『置換』の魅力を知ったのは最近でした!

使い慣れていない方はちょっと使い勝手が難しいかもしれませんが、例えばデータ作製の時『1年生』を全て『2年生』に置き換えする…などができ、データ作成にとっても便利なんです!

『画面の再読み込み(リロード)』『スクリーンショット』

F5キー画面の再読み込み(ブラウザなどで使用)
Windowsキー+printscreen…開いている画面のスクリーンショットの作成


どうでしたでしょうか?この辺りを知っておけば作業の質は確実に変わりますよ!

とはいえショートカットキーにはまだまだ便利なものがたくさんあり、その紹介や今回紹介したものの更に詳しい便利な使い方も紹介していきたいところなのですがその辺りはまた別記事にて!!

個人的には『Chrome』編と『ネットワークエンジニア頻出』編を紹介したい予定です!

今回も読んで下さってありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました